フードプロセッサーがとにかく便利なので知って欲しい

我が家はフードプロセッサーとミキサー(ミルと兼用)を所有しています。
これらは、我が家では欠かす事ができないくらいの調理家電です。
我が家では、フードプロセッサー(5)、ミキサー(3.5)、ミル(0.5)、くらいの頻度で使っています。
やはり、何と言ってもフードプロセッサーですね。
これを買ってから調理の幅が広がりました。
僕が独身時代に買ったモノです
今日はフードプロセッサーの話です。
 
スポンサーリンク

○ フードプロセッサーとミキサーのそれぞれの特徴は?

両者は良く比較されますが、フードプロセッサーとミキサーは似て非なるものです。
使い方も出来上がるモノもすこーしづつ違います。
では、簡単にそれぞれの特徴を以下で解説します。

・ ミキサー

実はミキサーは固形だけを入れて粉砕できません。
固形と液体を一緒に入れると使えます。
つまり、野菜だけのジュースは作れません。
 
ミキサー1

牛乳とバナナのジュース

オススメは牛乳や野菜ジュースや果物ジュースなどと混ぜる美味しいです。

ミル

ミルは乾いた固形物を細かくするのに使います。
 
・ ホールのブラックペッパー
粗さを自分で調節できるのが良いです。
 
・ 煮干しや昆布や干しシイタケ
オリジナルのだし粉が作れます。
 
・ ごま
ごま粉砕しまくって、ごまドレッシングを作った事があります。
すりごまと比べて、香りが良いと思います。

他にも様々なスパイスやハーブやコーヒー豆を粉砕し細かくできます。 

○ フードプロセッサー

野菜を細かくする、おろす、こねる(混ぜる)、粉砕(みじん切り)等、色々できます。

・ これは使える!|便利な機能は?

色々できるフードプロセッサーですが、その中でも一番使える機能はみじん切りです。

みじん切りなんて包丁でもできますが、フードプロセッサーのみじん切りを一度知ると手でみじん切りをするのがバカバカしくなります。
包丁で切るのに比べると、一瞬です。
 
フードプロセッサーは料理に慣れてきた中級者〜上級者が買うような家電のように思われる方もいるかもしれませんが、一人暮らしの男性をはじめ、自炊初心者にもおすすめできる調理家電です。
 
みじん切りで不満が出てきたら包丁を使うことを覚えるっていう順番でもいいんじゃないでしょうか?
面倒くさかったら、みじん切りの粗さ細かさだけで済ませてしまえばいいんです。
何でもみじん切りでいいんですよ。
野菜だけ切るって決めておけば、洗い物も楽です。

○ 買う時に見るべきポイントは?

まず、容量が大きいほうが良いと思います。
 
フードプロセッサー10

現在使っている テスコム TK440

僕が使っているのはテスコム TK440という機種です。
我が家(僕と妻の2人)にはこの大きさがちょうど良かったですね。
 
フードプロセッサー7

以前使ってた 山善(YAMAZEN) FC-200

これを買う前は山善(YAMAZEN) FC-200を使ってました。
ちゃんとみじん切りはできるんですけどね、玉ねぎ一個でギリギリでした。
餃子の具とかを混ぜると容器からはみ出てしまいます。

・ 千切りができるのが欲しい

今のtk440でも満足していますが、次に買うなら千切りができるヤツを買いたいです。
当時、tk440のあまりの安さに目がくらんで、この機能があるかどうか確認しないで買ってしまいました。
 
この機能があるとな~。 

○ フードプロセッサーを使ったレシピ

我が家で実際に作っているフードプロセッサーを使った料理を紹介します。
※ この項目は少しずつ追記していきます。

・ だし

山形の郷土料理です。
仙台に一人暮らしをしている時に知り合った山形出身の友人から教わりました。
たまにスーパーでも見かけますが、自分で簡単にできます。

・作り方

とにかく簡単です。
 
フードプロセッサーを使った料理14

だし

きゅうり人参なすオクラなどの野菜を刻みまくり、保存用の容器に入れ、めんつゆをなみなみと注いで出来上がりです。
 
野菜は何を入れてもいい気がしますが、夏が旬の野菜が良いと思います。
オクラを入れるとトロみが出て美味しそうに見えるので必ず入れてます。
お好みで少しだけしそみょうがを入れても美味しいです。
めんつゆは薄めずにそのまま使います。
出来上がりは塩辛いですが、冷蔵庫に入れて数日置くと野菜の水気で、味の角がとれて丁度良くなります。
 
僕はうなぎのタレ方式で前回の残りを継ぎ足して常に冷蔵庫にストックしてあります。
 
だし
ごはんにも合いますし、冷奴とかそうめんの薬味にピッタリです。
これを調味料として使うのもいいです。
茹でた鶏胸肉をさいて、だしと合えたら一品出来上がりです。

・ 肉団子

僕は鳥の肉団子をよく作ります。
作る時は一度にたくさん作ります。

・作り方

フードプロセッサーを使った料理1

胸肉のミンチに玉ねぎと人参を混ぜた肉団子のタネ

作る時はひき肉を買わずに、とり胸肉を自分でミンチにすると節約になります。
高野豆腐を混ぜていれるとさらにコストダウンできます。
高野豆腐でかさ増しした場合の栄養とコスト面での比較をした事があります、以下の記事をご覧下さい。
肉と「畑の肉」の栄養を比較|コストパフォーマンスに優れた食材とは?
僕はよく鳥むね肉を料理に使います。 肉の中で安くて、高タンパク低脂質のとにかく優秀な食材だと思ってます。「如何にとり胸肉を安く食べるか?」こ...
コストパフォーマンスの高いお肉|鳥むね肉を考える
献立の中でどんなに安かろうとメインになるのは、やはり肉や魚です。僕は鳥むね肉をよく買います。肉の中で安くて、高タンパク低脂質のとにかく優秀な...
味付けは塩コショウでシンプルに、刻んだ玉ねぎと人参と一緒に混ぜて卵と片栗粉をつなぎにしてよく混ぜます、肉団子の種を沸騰した湯スプーンでに投入したら火が通ったら(大きさにもよりますが沸騰してから10分くらい?)出来上がりです。
 
味付けをシンプルにしておけば、アレンジが効きます。
 
フードプロセッサーを使った料理4
例えば一日目はトマトと煮込んで、二日目は中華風にするとか、三日目は野菜炒めに入れるとか、ケチャップを添えてお弁当に入れるのも良いです。
 
冷凍して保存もできますが、味が落ちるので4、5日くらいで食べ切るようにしています。
スポンサーリンク