外付けHDD(ハードディスク)のHDDを交換をした話

外付けHDD(ハードディスク)のHDDを交換をした話
おそらくHDD(ハードディスク)が原因なんだろうなと思っていました。
何がって、iTunesの調子が悪かったんです。
 
僕の環境は以下通りです。
  • PC/OS mac mini/OS X Yosemite 10.10.5
  • iTunesの音楽ファイルの置き場所 外付けHDD
スポンサーリンク

○ iTunesが起動しない or 無茶苦茶に重い

きっかけは、たまには音楽でも聴くかと思った事です
僕はPC作業中はweb動画を見るでもなく流しっぱなしにしたりして作業する事が多いのですが、その日は何となく音楽が聴きたかったわけですね。
 
で、iTunesを起動するわけです。
ところがiTunesが起動しないんです。
ドックの上をピョンピョン跳ねているだけでいつまで立っても反応がありません。
こういう、PCの不調があった場合の基本の一手再起動です。
 
再起動のかいがあったのかiTunesは起動しましたが、無茶苦茶に、、、重いんです。
何度か、色々試して再起動、再起動、再起動を繰り返してる内に頭によぎったのが「もしかして、HDD?」
僕は音楽のファイルをすべて外付けHDDに入れています。
 
最近、Finderのサイドバーに外付けHDDが表示されない事が頻発していたんです。
少し、、、時間を置くと出てくるんですが。
 
ディスクユーティリティで確認したら、外付けHDD自体は認識はされているようでした。
(アプリケーション/ユーティリティ/ディスクユーティリティ)
 
デスクトップには表示されています。
(Finderの環境設定で表示の有無を選べます)
 
ちょっと変です。

○ 外付けHDD(ハードディスク)のHDD交換

ちょっと、変だなとは思っていたんですが、どうも本当に変なのでHDDを交換する事にしました。

・ HDDのバックアップ

僕の運が良いだけでしょうか?
僕の経験的にHDDが何のマヤブレも無しにいきなり壊れる事はありません。
HDDは少しづつ、、、少しづつ、、、調子が悪くなっていく物です。
というか、僕はそうだと思って勝手に思ってます。
 
僕は「何か変な気がする、、、?」と思った時点でバックアップをとっています。
 
外付けHDD(ハードディスク)のHDDを交換をした話

内蔵HDDをケース無しでUSB接続する事が出来るケーブル

今回は使いませんでしたが、これは内蔵HDDをケース無しでUSB接続する事が出来るケーブルです。
もし、PCや外付けHDDが壊れてしまっても、HDDが無事であればこれでデータだけは吸い出せます。

・ 補足と蛇足

このケーブルで、壊れたHDD内蔵のDVDデッキ内のデータの吸出しに挑戦した事があります。
結果は、ダメでした。
内蔵HDD自体は無事でしたし、認識もしました、データも存在する、、、windowsに接続しても、Macに接続してもダメ。
このケーブルで救出できるデータはPCのHDDだけみたいです。

・ 外付けHDDケースのHDD交換

僕が使っている外付けHDDは2台あるんですが、2台ともハードディスクケースと内蔵HDDを別で買って自作した、自作外付けHDDです。
 
自作というと専門的な知識が必要なのかというと、全然そんな事はありません。
コンセントの抜き差しと変わらないくらい単純な事です。
 
例えば僕が持っているハードディスクケースはSerial ATAというインターフェイス(規格)に対応していますが、今売っているHDDのほとんどがSerial ATAなので、何も考えないでうっかりポチッと買っても、Amazonから届くのは多分Serial ATA規格のHDDです。
 
外付けHDD(ハードディスク)のHDDを交換をした話
あと、買う時に気にするポイントはHDDの大きさです。
容量ではなくて、物理的な大小のほう。
写真の左は2.5インチで右は3.5インチという大きさです。
 
ハードディスクケースに対応した規格で、ハードディスクケースに入る大きさの内蔵HDD(ハードディスク)を買って組み立てれば、自作外付けHDDの出来上がりというわけですね。
 
外付けHDD(ハードディスク)のHDDを交換をした話
接続する所はこんな形をしてます。
大きいLは電源で小さいLがSerial ATAです。
2.5インチでも3.5インチでもL字の大きさは全く同じです。
 
ちなみに、自作外付けHDDはwindowsでもmacでも、どちらでも使えます。
これは、人間と同じでwindowsもmacもOS(性格)が違うだけで中身は同じです。
 
外付けHDD(ハードディスク)のHDDを交換をした話 
組み立てる製品なので、分解するのも簡単。
ネジを数本外すだけです。
 
外付けHDD(ハードディスク)のHDDを交換をした話
というわけで、500GBのHDDを2個外して、320GBと160GBのHDDを入れて、作業完了です。
2台とも家にあった余り物なので、タダです。

・ OSに対応したフォーマットをする

ああ、そうそう、このままでは使えないんです。
HDDをPCに接続して、OSに対応するフォーマットをしたら作業完了です。
 
僕の場合はMacなのでMac OS 拡張 (ジャーナリング)でフォーマットしました。
フォーマットはディスクユーティリティで行えます。
(アプリケーション/ユーティリティ/ディスクユーティリティ)

○ まとめ

無事、iTunesも動くようになりました。
外付けHDDが原因と見て間違い無いと思います。
今回交換したHDDは古いPCから抜いた中古パーツなので、いずれ新品の内蔵HDDを買わないといけませんが、当面はこれでしのぐ事にします。
僕と同じような環境の方の役に立てば幸いです。
スポンサーリンク