トイレが壊れた?|水が全然たまらない時の対処方法

我が家は築60年くらいの元空き家です。
縁があって、親戚から借りている家です。
空き家になっていた期間は正確に分かりません。
我が家は伊達に歳はとってないというか、色んな所が痛んでいます。
家というのは、人が住んでいないと急速に傷むらしいです。
おそらくトイレもそうなんでしょう。
今日はトイレが壊れた話です。
スポンサーリンク

○ トイレの水がたまらない|ダイヤフラムの交換方法

ツマ「トイレが変だ、壊れたかもしれない」

ある日の朝、トイレの様子がおかしくなりました。
レバーをひねると水はちゃんと流れるようですが、その後シューという水音がずーっと止まりません。
それに、手洗い管(手洗い口?)から水が流れません。
何回か実験している内にレバーをひねっても水が出なくなりました、タンクの中の水がなくなったようです。
その間、シューという水音は続いています。
運が良かっただけのかもしれませんが、僕は人生31年一人暮らし歴は9年くらい経験しているのですがトイレが壊れた所を目の当たりにした事がありません。
 
タンクを開けるとプラ製の透明なフィルター的なヤツが出てきました。
シューという水音と共に真ん中あたりから水がよわーく噴き出しています。
よく分からないんですが、開けます。
 
真ん中の白いレバー(浮き球レバー)が生えている辺り(ダイヤフラム)からピューと水が噴き出ています。
かなり弱々しいですが、、、水が溜まらないわけではなさそうです。

・ 原因はダイヤフラムの劣化

試しに水の元栓を締めてから、開けてみました。
 
トイレの修理7-2
するとあーら不思議、、、正常と思われる勢いで水が流れ始めました。
ダイヤフラムから水は漏れでていません。
浮き球レバーがぷかーと浮いてきて、決められた水位にタンクが満たされると水もちゃんと止まります。
なーんだ直ったんだなと思ったんですが、、、
いつも通り用を足すみたいに、レバーをひねって一度水を流すとまたシューという水音、、、
 
試しにもう一度止水栓を閉めて開けるとフツー給水されるようになります。
仕組みが全く分かりませんが、、、

用を足す→止水栓を閉める→止水栓を開ける→タンクに給水される→タンクに水が満たされたら水が止まる→初めに戻る

という手順で使用すればとりあえずは使えそうです。
マイナスドライバーで開け閉めする止水栓もあるようですが、我が家のトイレの止水栓はタンクの左下にあって、フツーの蛇口のハンドルみたいなヤツなので、止水栓の開け閉めは簡単にできます。

・ ダイヤフラムの交換|パーツの購入

というわけで、原因はどう考えても浮き球レバーが生えている付け根の部分(ダイヤフラム)です。
ググったら外し方がすぐ分かりました。
外すときは止水栓を必ず閉めましょう。
何も考えないで外したらえらい事になります。
 
トイレの修理9

浮き球レバー

こいつを外すと、ダイヤフラムにたどり着けます。
 
トイレの修理8

外したダイヤフラム

ダイヤフラムは消耗品のようです。
経年劣化でいつかは壊れるモノ。
 
トイレの修理18
このパーツはホームセンターでも置いてある所と置いてない所があるようです。
確実に入手したいのでパーツはAmazonで購入。
簡単に買えました。toto製のダイヤフラムTH405Sです。
ポチって翌日に届きました。
家を留守にしていたんですが、ポストに入ってました。
 
トイレの修理25

ダイヤフラム

こんな小さなパーツ一つでダメになるから不思議です。

○ まとめ

トイレの修理12
思ったより簡単に直りました。
何でも直すのは楽しいですけど、、、古い家に住むのも楽ではありませんね。
今回の作業時間は20分くらいでした。
別に特別な工具もいらなかったので、誰でも簡単にできると思います。
 
スポンサーリンク