シャワーヘッドを受ける金具がガタガタする|シャワーフックの修理

我が家は築60年の元空き家です。
神奈川の田舎へ移住|僕らが空き家に住む事になったきっかけ
僕らは築60年の家に住んでいます。もともと空き家だった古家で妻と二人で住んでいます。僕も妻もそれまで働いていた会社を辞めて、ここに2人で引っ...
僕の祖父母が住んでいた家で2人が亡くなったあと、空き家になっていました。
運良く伯父からの提案もありここに住む事になったわけです。
 
さすがに約60年経っていますので所々傷んでいます。
住みながら修繕し、、、
住みつつ直しながら暮らしています。
 
僕も妻(ツマ)もDIYが好きなんで別に苦にはなりません。
 
さて、今日はお風呂のシャワーヘッドを受ける金具がガタガタに緩んでしまったのでDIYで修理してみました。
シャワーヘッドのガタつきの修理だけでも業者に任せるとけっこう費用がかかります。
スポンサーリンク

○ シャワーフックの修理

・ 修理の概要

ドライバーでネジをしめてみましたが、ある程度しまっていきますが途中で空回りしてしまいます。
ネジが効いてない状態です。
 

プラグ

タイルにビスを止めるためにはタイルに穴を空けてこのようなプラグを差し込んでからネジを打っているはずです。
そういうバイトをした事がないので、一からやった事はありませんが、、、
 
考え方としては木材に木ネジを打つ時は、ネジで穴をあけつつ、ネジ穴を木ネジで切りながら、ネジがしまっていきます。
ところが、同じような事をタイルにはできません。タイルにネジを打つには木ネジのようにネジ穴を切りながらしめる事はできないんですね。
 
木材に木ネジが打つ時に空回りしてしまう状態をネジがバカ(バカ穴)になったと言いますが、爪楊枝や割り箸を突っ込んで埋める事で解決します。
やり方については以下の記事で書いてます。
ネジが空回りしてしまう or 穴を間違ってあけてしまった時は?
DIY作業中に木材の穴を塞ぎたい事があります。例えば、以下の2つのようなケースです。間違った場所に穴をあけてしまった。ネジが空回りして穴がバ...

・ 修理の手順

この状態をタイルでやります。
実際に一からやった事はありませんがタイルにシャワーフックを取り付けるには以下のような工程になるはずです。
  1. ドリルでバカ穴をあける
  2. バカ穴にプラグ入れる
  3. ネジを打つ
という風になるはずです。
 
というわけで、シャワーフックを外してみました。
 
打ち込んであったプラグはボロボロに朽ちていました。
ネジもサビサビでボロボロでした。
これじゃダメです。
 
 
というわけで、バカ穴にプラグを差し込みます。
穴がでかすぎてスカスカだったのでアロンアルファを塗ります。
 
木槌でコンコン叩いて突っ込みます、タイルを傷つけるといけないので本当はゴム製のハンマーが良いのかもしれません。
 
プラグにガタはありませんでしたが、穴の隙間が気になるのでアロンアルファとスプレープライマーで充填します。
 
 
ここまでやれば後はネジをしめるだけです。

○ まとめ

自分でできるかどうかは別にしてとりあえずネジを外してみましよう。
正しいやり方か分かりませんが、我が家の場合はこれでシャワーフックのガタガタは改善されました。
もしかしたら、この記事の内容を真似するだけで直せるかもしれませんよ。
スポンサーリンク