【簡単修理】自転車のタイヤの空気が抜けやすい時の原因と対処法

自転車のタイヤに十分に空気を入れたのに、自然に空気が抜けてしまっているという事があります。
ただのパンクという可能性もありますが、虫ゴムの劣化を疑ってみましょう。
最近、虫ゴムの交換をする機会があったので紹介します。
スポンサーリンク

○ 虫ゴムの劣化でパンクが起こるケース

「なんか、最近空気が抜けやすい気がする」
「あれ?前日にちゃんと空気を入れたのにタイヤがぺちゃんこだ」
こういうケースは虫ゴムの劣化の可能性大です。

・ 虫ゴムとは?

虫ゴム

虫ゴム

虫ゴムとはこのようなパーツです。
自転車屋さんでも売っていますが、100均でも売っています。
大事な事なのでもう一度、、、このパーツは100円です。
正確には何個か入っているので、100円以下です。

○ 虫ゴムの交換方法

ナットをゆるめる

ナットをゆるめる

バルブの上部分のリング状のパーツ(ナット)をゆるめます。
 
プランジャーを引っこ抜く

プランジャーを引っこ抜く

ナットを完全にゆるめるとプランジャーという棒状のパーツが露出するので、プランジャーを引っこ抜きます。
 
劣化した虫ゴム

劣化した虫ゴム

プランジャーの先端にある黒のゴムパーツが虫ゴムです。
引き千切れてしまっています。
 
 
 
虫ゴムを外した状態のプランジャーです。
穴があるのが分かるでしょうか?
この穴が空気を入れる時の空気の通り道になっています。
虫ゴムが劣化し、この穴を塞げなくなってしまうと空気漏れが発生します。
 
虫ゴムをプランジャーの穴をちゃんと塞ぐように取り付ける

虫ゴムをプランジャーの穴をちゃんと塞ぐように取り付ける

プランジャーに新しい虫ゴムを付けます。
コツがあるか、、、分かりませんがプランジャーの穴をちゃんと塞ぐように付けます。
あとは、プランジャーをバルブに差し込み。
ナットを締めたら完了です。
 
空気を入れてみて空気漏れが発生しなければ、今回のケースは虫ゴムの劣化が原因です。
それでも、空気漏れ発生する場合はパンクです、チューブを取り出して穴を見つけて塞がないといけません。

○ まとめ

自転車屋さんにお願いしてもいいですが、虫ゴムの交換で済むケースのパンクなら自分で簡単に直せます。
100円以下のパーツの交換にも工賃はかかるハズです。
セルフで修理できるようになるとコスパ抜群です。
ぜひ挑戦してみて下さい。
スポンサーリンク