ネジの頭の溝をつぶしてしまった(なめた)時の対処法 

なめてしまったネジ

古い錆びたネジやドライバーの先端のサイズと合わないネジを回して、ネジの頭の溝(ネジ山)を潰してしまう事があります。
ネジ山が潰れてしまう事を、ネジが「なめる」と言います。
 

錆びたネジ

ネジがなめてしまうケースは色々とあると思いますが、例えば「ネジが錆びていてうまく回らない」とか。
 

ネジに合ったドライバーサイズを使えばネジはなめにくい

あるいは、「ドライバーのサイズが合っていない」という事が考えられます。
 

錆びたネジはKUREクレ CRC556をスプレーすると回る事がある

ネジがなめると相当に厄介なので、本来はネジが完全になめる前に色々と手を打っておくべきです。
 

錆びて全く回らないネジ。左手にドライバー、右手にペンチ。力を込めてドライバーをネジ穴に押し込み、ペンチで強引に回す

だけど、色々手を尽くしても、どうしてもネジがなめてしまう時もあります。
今回はネジがなめた時の対処法を紹介します。
スポンサーリンク

○ ネジがなめた時はネジ外し工具|ネジザウルス

エンジニア ネジザウルス PZ-55

エンジニア ネジザウルス PZ-55

いきなり結論なんですが、僕はネジがなめた時は「ネジ外し工具」を使っています。
使っている工具はネジザウルス(PZ-55)です。
 

ネジ外し工具|ネジザウルス(PZ-55)

この工具は、なめたネジの頭をガチッとはさんでグリグリ回して外す事ができる工具です。
 
一見、ただのペンチですが。
 

ネジ外し工具|ネジザウルス(PZ-55)

ペンチと違う点は先端の溝の方向と形が違います。
 

ラジオペンチの先端

ペンチやラジオペンチの先端の溝はこのようになっています。
ラジオペンチでネジの頭をつかむとネジの頭と溝の方向がほぼ平行になってしまいます。
ネジザウルスを持っていない時になめたネジの頭をペンチでつかんで外そうと挑戦した事があるんですが、すべってしまい上手くいきませんでした。

○ ネジザウルスの使い方

このようにネジの頭をガチッとつかみ。
 
グリグリと回し、外します。

○ まとめ

ネジがなめる事は特にDIYや工作を頻繁にしない方でも日常的に起こりうる、「あるある」だと思うので、ネジザウルスは工具箱の中に必ず1本あっても良い位のDIY鉄板ツールです。

以下の記事も是非ご覧下さい。
DIYの基本工具|電動ドライバーの使い方
今日は電動ドライバーの使い方を紹介します。DIYの基本工具ですね。○ 電源スイッチ電動ドライバーの電源スイッチはココ(※)です。電動ドライバ...
【DIYの基本】電動ドライバーを使った木ネジの打ち方
以前の記事で、電動ドライバーを紹介しました。今回は電動ドライバーを使ってネジをしめる時に、僕が普段気にしているコツを紹介します。電動ドライバ...
ネジをなめないコツ|ネジ山とドライバーのサイズをチェックしよう
ネジ山が潰れてしまう事を、ネジが「なめた」とか「なめる」と言います。ネジがなめると相当に厄介です。 この工具はなめたネジの頭を挟みこんでグリ...
ネジが空回りしてしまう or 穴を間違ってあけてしまった時は?
DIY作業中に木材の穴を塞ぎたい事があります。例えば、以下の2つのようなケースです。間違った場所に穴をあけてしまった。ネジが空回りして穴がバ...
【DIYの基本】木工に使うネジの種類と選び方
今日は木工に使うネジについて解説します。僕が住んでる家の近所にプロ向けの金物屋さんがあるんですが、ネジって色んな種類があるんですね、あまりに...
スポンサーリンク