木工に使うパテって何?|木工パテとエポキシパテの特徴を比較

今回は木工に使うパテを紹介します。
木工用や金属用などのパテもありますが、今回見ていくのは木工に使うパテです。
パテとは塗装前に塗装面の傷などを直すことに使う物です。
パテは珍しいモノではなくホームセンターでフツーに買えます。
スポンサーリンク

○ パテとは|木工パテとエポキシパテ

パテとは|木工パテとエポキシパテの特徴を比較

木工パテとエポキシパテ

パテは画像上の木工パテと下のエポキシパテの二種類があります。
両者の特徴を見ていきましょう。

・ 木工パテ|細かい傷を直すのに向いてる

 
セメダイン 木部補修用 木工パテA ラワン 120ml HC-154

セメダイン 木部補修用 木工パテA ラワン 120ml HC-154

pate0

木工パテ

木工パテはエポキシパテに比べて乾燥が遅く柔らかいのが特徴です。
 
乾燥すると盛った分より痩せる(減る)ので木工パテは大きい傷を直すのに向きませんが、小さな凸凹に入りやすいので細かい傷を治すことに向いていると言えます。
 
エポキシパテに比べると乾燥後のヤスリがけが楽で、サクサク削れます。
塗装前の下地処理に使うのに向いているかもしれません。
 
歯磨き粉のチューブのような容器に入っていて、チューブから出すと固まり始めます。
手や衣類についても簡単に洗い落とせるので扱いも楽です、DIY初心者の方でも簡単に扱えます。

・ エポキシパテ |大きい傷を直すのに向いてる

セメダイン 補修・成形 エポキシパテ 木部用 30g ブリスター HC-118

セメダイン 補修・成形 エポキシパテ 木部用 30g ブリスター HC-118

pate1

エポキシパテ

エポキシパテは木工パテに比べて乾燥がとても早くコシがあって硬いのが特徴です。
 
乾燥しても盛った分より痩せない(減らない)のが特徴です。
※ 木工パテは水分蒸発で硬化|エポキシパテは化学変化で硬化
 
ところが、エポキシパテは細かい凹凸に入りづらいので、小さい傷を治すのに向いていません。
 
パテとは|木工パテとエポキシパテの特徴を比較

エポキシパテ|2液タイプなのでよく混ぜて使う

2液タイプになっていて、外見のベージュ部分と中身の白い部分を混ぜると固まります。
ちなみに、よく混ぜないと固まりません、、、横着してテキトーに混ぜて使った事がありますが、固まりませんでした。
 
乾燥後はカチカチになり、木工パテに比べるとヤスリがけは根気が入りますが、盛った分より痩せないのでエポキシパテは大きい傷を直すのに向いていると言えます。
 

○ 塗装をする際の注意点

・ ペンキ・アクリルラッカー

パテとは|木工パテとエポキシパテの特徴を比較
ペンキアクリルラッカーのように材料の素地や木目を覆い隠す塗料であれば全く問題ありません。
 
パテとは|木工パテとエポキシパテの特徴を比較
写真はネジの穴でボコボコだった板をエポキシパテで埋めた時のモノです。
 
パテとは|木工パテとエポキシパテの特徴を比較
パテ硬化後にサンダーで研磨しました、使用した紙やすりの番手は120番〜240番です。
 
パテとは|木工パテとエポキシパテの特徴を比較
このように材料の表面を覆い隠す塗料であれば、パテを盛った部分もほとんど違和感がありません。
以下の記事で詳しく書いてますので、興味のある方はご覧下さい。
リメイク!DIY!
洗濯物が溜まっていたのだ。何とこの日は3日分である。2人分の3日分は結構な量である。脱衣所には白(色柄)物のカゴと黒物のカゴを2つ用意してあ...

・ オイル塗料・ワックス

パテとは|木工パテとエポキシパテの特徴を比較
ワトコオイルやブライワックス等の木材に染み込んでいくオイル塗料やワックスはパテ部分だけ色がうまく乗らない事があります。
 
パテとは|木工パテとエポキシパテの特徴を比較
かなりボロボロだった杉板にエポキシパテを盛って、BRIWAX(Old Pine)を塗りました。
パテ部分だけやや白くなってしまいました。
 
パテとは|木工パテとエポキシパテの特徴を比較

ニッペ 木工家具補修マーカー

ある程度であれば、家具補修ペンでごまかす事ができます。
以下の記事が参考になるかもしれません。
テーブルの角を補修する方法|エポキシパテと補修ペン
我が家のキッチンには以前住んでいた夫婦が残していったテーブルがある。全体的には綺麗なので、懇意で残してくれたものだが部分的には痛みがある。 ...
「床の傷を直そう!」簡単なフローリングの補修方法
フローリングに傷が入ってしまった。我が家は賃貸ではないので(借りてはいるけど)気楽だが、もし、賃貸でこれをやらかしてたら結構焦るかもしれない...

○ まとめ

今回は木工に使うパテの紹介でした。
塗装前の下地処理、DIYの作業中に間違ってあけてしまった穴や、傷をつけてしまった材料の修正、テーブルや椅子などの修理に使えます。
 
スポンサーリンク