ぶ厚い板の切り方|僕がのこぎりで板を切るときに気をつけている事

以前、木をまっすぐ切る方法について書きました。
木は簡単にまっすぐ切れる!のこぎりの使い方5つのコツ
今日はのこぎりの使い方を説明します。指導はkapiの中の人。アシスタントとして僕の妻のツマに登場してもらいます。  kapiDIY歴10年の...
この記事では角材を切る事を前提に書いた記事でしたので、板材をのこぎりで切る事については一切触れませんでした。
 
丸ノコ

丸ノコ

理由は僕がそれほど、のこぎりで板材を切るのが得意じゃない事と、僕は板材を切る時は電動丸ノコを使って切っているからです。
薄いベニヤ板をまっすぐ切る方法|2〜5mm位の板はカッターで切れます
我が家のキッチンの流し下の部分です。 ツマから洗い物をする時に気持ち悪いから何とかしてくれと言われていたんです。 ちょうど、洗い物す...
薄い板ならば、カッターで切ればいいんですが12mm位の板になるとカッターではとても切れません。
 
まあ、得意じゃあないんですが板材をのこぎりで切る時に気にしているポイントを書いてみます。
スポンサーリンク

○ 材料をけがく

角材を切る時のように材料を丁寧にけがいて(線を引いて)おきます。
 
板材をけがく場合は、角材のように4面をけがく必要は無いと思います。
理由は後で述べます。

○ 万力で板材を固定する

ぶ厚い板の切り方
板材をのこぎりで切る時は万力は必須です。
固定する時は万力で材料がへこんでしまうので薄い板を捨て板にしてかませましょう。

○ 板材を切る時はのこぎりはできるだけ材料に対して水平にする

のこぎりが立ちすぎるとまっすぐ切りづらい

板材の切り方・悪い例|のこぎりが立ちすぎるとまっすぐ切りづらい

板材をのこぎりで切る場合は、材料に対してのこぎりが立ちすぎるとまっすぐ切りづらいです。
何故かというと、、、
言葉では説明しずらいのでやってみてください。
やってみるとわかります。
 
「材料に対して立ちすぎるとまっすぐ切りにくい」という事はどうすればいいのか?
板材を切る場合はのこぎりは材料に対して水平に近い方がまっすぐ切りやすいと思います。
 
材料に対してのこぎりが水平な方が切りやすい

板材の切り方・良い例|材料に対してのこぎりが水平な方が切りやすい

こんな風に。
材料に対して水平に近い方が曲がりにくく、刃の傾きにも気づきやすいです。

○ 切り終わりに注意する

角材の切り方で説明したポイントで、切りながら材料を回転させた方が良いと書きました。
 
なんで、そうした方が良いかというと、木材を一方向から切ると切り終わりに材料が割れやすいからです。
ところが、、、板材は切る場合は切りつつ回転させるということができません。
(なので、材料のけがきも1面だけ、けがけばOK)
 
板の切り方
なので、僕は切り終わりはこうしてます。
板材が切り終わる時は右手でのこぎりを引いて、左手で押さえています。

○ まとめ

というわけで、以前書いた記事の補足として板材の切り方について説明してきました。
木は簡単にまっすぐ切れる!のこぎりの使い方5つのコツ
今日はのこぎりの使い方を説明します。指導はkapiの中の人。アシスタントとして僕の妻のツマに登場してもらいます。  kapiDIY歴10年の...
今回説明した切り方が正解なのか?僕も試行錯誤中です。
参考になればうれしいです。
スポンサーリンク