【DIYの基本】木工に使うネジの種類と選び方

今日は木工に使うネジについて解説します。
僕が住んでる家の近所にプロ向けの金物屋さんがあるんですが、ネジって色んな種類があるんですね、あまりにも膨大な種類のネジとビスを扱っているので、何を買っていいのか分からなくなりました(笑)
というわけで、いい機会なので調べてみました。
僕なりに理解できた事を書いてみます。
スポンサーリンク

○ 木工に使うネジの種類

木工に使うネジはコーススレッドというネジ(ビス)を使うのが一般的です。
木材同士の接合には大工さんもこれを使ってます。
先端が尖っているので、下穴をあけなくてもネジが穴を彫りながら打つ事ができるのが特徴です。

・ コーススレッド

コーススレッド

コーススレッド

コーススレッドとは木材をくっつける(接合する)ためのネジ(ビス)です。
ネジ(スレッド)の溝が荒い(コース)のが特徴です。
だから、コーススレッド(荒いネジ)と呼びます。
 
コーススレッドは下穴をあけないでも打ち込めますが、下穴をあけないで打ち込むと、打ち込む箇所によっては木が割れます。
 
大工さんが家を建てているのを観察していると、大工さんが下穴をあけてビスを打ち込んでる所を見た事がないので割れないコツは多分あるんでしょうが、通常はコーススレッドを打つ時はキリか細いドリルで下穴をあけてから打ち込むのがセオリーです。
 
まあ、面倒臭いので見た目に影響が無い所なら下穴をあけないでバシバシ打ち込んでしまいますが、、、笑
経験を重ねると割れやすい所も分かるようになるので、下穴をあけるかあけないかは、ケースバイケースですね。

・ スリムビス(スレンダービス・細ビス)

スリムビス(スレンダービス・細ビス)

スリムビス(スレンダービス・細ビス)

コーススレッドよりも切られたネジの溝が浅く、ネジを切っている部分の間隔が短いのがスリムビス(スレンダービス・細ビス)です。
ざっくり言うと少し細くなったコーススレッドスリムビスです。
 
コーススレッド(奥)スリムビス(手前)

コーススレッド(奥)スリムビス(手前)

あと、頭の形にも違いがあります。
コーススレッドはなだらかですが、スリムビスは鋭利な感じがします。
 
このビスの特徴は下穴をあけないでビスを打っても木が割れにくい事です。
これは、本当に優れた特徴です。
 
コーススレッドに比べるとスリムビスは細いので強度は弱いらしいですが、家の中で使う物を作るのであればそこまで神経質にならなくても良いと思います。

・ ネジ(ビス)の材質

ネジの材質はざっくり言うと2種類のようです。
(ユニクロ・○○○クロムメッキ)かステンレスです、両者の違いを比較してみましょう。

鉄(ユニクロ・○○○クロムメッキ)

ステンレスに比べると安価で、ステンレスに比べると柔らかく、もろいです。
ネジもなめやすいし、硬い木材に打ちこむと作業中に折れる事もあります。
折れる?ネジって折れるの?と思った方いますでしょうか?
大丈夫です。
DIYでよく使われるSPF材(2×4)やパイン材は柔らかいので、これらに打ちこむ時にはまず折れません。
ビスが長い場合(60mm以上?)は注意が必要ですが。
 
家の中で使うような家具を作るなら腐食に関しては気にしなくて良いと思います。
僕がいつも使っているのはコレです。

ステンレス

ステンレスは強度が高く、錆びにくいのが特徴です。
作る物が屋外使用、小屋を建てたりだとか、ウッドデッキを作ったりする場合はステンレス性を使うのが良いと考えられます。

○ 全ネジと半ネジの違い

 
全ネジ(左)と半ネジ(右)

全ネジ(左)と半ネジ(右)

ビスには溝の刻み方が2種類あります。
先端から頭までネジが切ってある全ネジと、先端部分から途中まで溝が切っていて、それ以降はまっすぐな形をした半ネジです。
両者の特徴を比較してみましょう。

・ 使いやすいのは圧倒的に半ネジ

半ネジ

半ネジ

2つの木材をネジ(ビス)を使って接合する時に材料同士がうまくくっつかず、すき間があいてしまうことがあります。
DIYで木工を何度かやった事がある人なら「あるある」じゃないでしょうか?
このミスは全ネジを使った場合によくあります。
 
全ネジ(左)と半ネジ(右)

全ネジ(左)と半ネジ(右)

半ネジは材料Aに貫通したあとネジ頭側にネジが切ってないので、それ以上進まず空回りします。
全ネジは貫通したあとネジ頭側にもネジが切ってあるのでさらに直進し材料にどんどんめり込んでいきます。
 
半ネジの仕組み|材料同士が引っ張りあうのでカチッと接合する

半ネジの仕組み|材料同士が引っ張りあうのでカチッと接合する

図はちょっと極端な例ですが、半ネジは材料Aに貫通したあとはネジ頭側は空回りするので、材料同士にわずかに隙間があいていても、ネジの先端は材料Bを持ち上げようとするので、カチッと接合します。
 
隙間ができてしまう仕組み|全ネジ

隙間ができてしまう仕組み|全ネジ

全ネジを打ち込む時は材料同士がしっかり圧着している事が大事です。
ネジが材料Aに貫通した時点(図の②)でわずかに隙間があくだけで、材料AとBの間に隙間ができてしまいます。
そのままネジを打ち込んでいってもダメで隙間は全く埋まりません、ネジが材料にめり込んでいくだけです(図の④)
 
全ネジと半ネジはどちらが使いやすいか?
この点を考えると、半ネジの方が間違いなく使いやすいと言えます。

・ 屋外で使う物を作るなら全ネジ

全ネジ

全ネジ

全ネジとは先端から頭までびっしりとネジが切ってあるのが特徴です。
それに対して半ネジとは先端部分から途中まで溝が切っていて、それ以降はまっすぐな形をしているのが特徴です。
では、2つをどう使い分ければ良いでしょうか?
 
ネジ頭が無くなると半ネジは材料を保持できないが、全ネジは保持できる。

腐食してネジ頭が無くなった場合|半ネジは材料を保持できないが全ネジは保持できる。

全ネジと半ネジは打ち込んだ時点では強度面はあまり変わらないようです。
ところが、半ネジは腐食してネジ頭が無くなると材料を保持できませんが、全ネジはネジ頭が錆びて取れても材料を保持する力があります。
 
この特徴を考えると風雨にさらされる屋外で使うものを作る時は全ネジを使った方が良いと考えられます。
例えば、ウッドデッキとかを作る時は全ネジを使った方が良いでしょう。

全ネジを使う時は半ネジと併用しよう

全ネジはネジ頭がとれても材料を保持する事ができますが、材料同士を接合する時にすき間があきやすい欠点があります。
なので、仮止めとして半ネジを打ち込んで材料同士をしっかり接合してから、補強として全ネジを打ち込むのがうまい使い方なんじゃないでしょうか?

○ まとめ

今まで何となくホームセンターで売ってる安いビスを買っていましたが、これで何を買ったらいいか悩まなくて済みそうです。
僕のオススメは半ネジのスリムビスです。
家の中で使う家具を作るならこれの一択です。

以下の記事も是非ご覧下さい。
DIYの基本工具|電動ドライバーの使い方
今日は電動ドライバーの使い方を紹介します。DIYの基本工具ですね。○ 電源スイッチ電動ドライバーの電源スイッチはココ(※)です。電動ドライバ...
【DIYの基本】電動ドライバーを使った木ネジの打ち方
以前の記事で、電動ドライバーを紹介しました。今回は電動ドライバーを使ってネジをしめる時に、僕が普段気にしているコツを紹介します。電動ドライバ...
ネジをなめないコツ|ネジ山とドライバーのサイズをチェックしよう
ネジ山が潰れてしまう事を、ネジが「なめた」とか「なめる」と言います。ネジがなめると相当に厄介です。 この工具はなめたネジの頭を挟みこんでグリ...
ネジの頭の溝をつぶしてしまった(なめた)時の対処法 
古い錆びたネジやドライバーの先端のサイズと合わないネジを回して、ネジの頭の溝(ネジ山)を潰してしまう事があります。ネジ山が潰れてしまう事を、...
ネジが空回りしてしまう or 穴を間違ってあけてしまった時は?
DIY作業中に木材の穴を塞ぎたい事があります。例えば、以下の2つのようなケースです。間違った場所に穴をあけてしまった。ネジが空回りして穴がバ...
スポンサーリンク