ベニヤ?ランバーコア?|シナベニヤとシナランバーの比較

今日からテレビ台の制作を始ます。
実は去年の秋くらいで、制作を決めていたんですが、ずっと計画段階で先に進めないでいました。
まず、デザインを決め、、、
次に使う材質を決め、、、
理想の材質は? テレビ台に使う木材を選んでみた
我が家は築60年の元空き家です。引っ越す前は、以前住んでいた老夫婦の持ち物がたくさんある状態でした。僕らが引っ越すことになり、そのほとんどは...

塗装の実験もしました。

素材はホームセンターに売っているファルカタの集成材がツマには好評だったんですが、
調べたらファルカタ材は柔らかい木のようですし、ホームセンターで売っている板厚は12mmです。
天板のサイズは長さ900mmの幅350mm。
 
ベニヤ?ランバーコア?|シナベニヤとシナランバーの比較
以前のデザインイメージで作成すると、経年で天板が反ってダメになってしまうでしょう。
 
というわけで、材料はシナランバーに変更です。
表面がほとんど白に近い材質でキレイな木目なので、ツマからもOKがでました。
板厚はできるだけ厚くしたいと考え、21mmに決めました。
 
スポンサーリンク

○ ベニヤとランバーコアの違い

ところで、ベニヤとランバーコアの違いをご存知でしょうか?
ホームセンターに電話をして、板の在庫を聞く時に気づきました。
僕は言葉は知っていたんですけど、恥ずかしながら正確な意味を知りませんでした。
「シナベニヤの21mmってありますか?」
「シナベニヤですか?18mmならあるんですけど、、、シナランバーじゃだめですか?」
「???」

・ ベニヤ

ベニヤとは薄くスライスした木材のことを言います。
どういった、スライスするのかというとイメージでは木の丸太を大根のカツラむき状態にしたモノ。

・ 合板

合板とはベニヤを何枚も積み重ね、接着剤で貼りあわせて一枚の板にしたモノの事です。
木目の方向を一枚ごとに交差させてあるので、薄くても丈夫で反りにくく割れにくいのが特徴です。
 

・ シナベニヤ

シナベニヤとは表面にシナの化粧板を貼った板の事です。
板の断面(木口)を見るとベニヤの層が見えます。
層ごとに木目の方向が交差するように貼り合わせてあります。
だから板が反りにくいし、丈夫です。
中の層は大抵はラワン材が使ってありますが、中の芯材もシナを使った共芯(ともしん)と呼ばれるモノもあります。
ホームセンターで見かけるのはシナベニヤは大抵、芯材はラワンですね。
 
ベニヤ?ランバーコア?|シナベニヤとシナランバーの比較

シナベニヤ

ベニヤとランバーコア1

シナベニヤ 6mm

 

・ ラワンベニヤ

表面がラワンならラワンベニヤです。
 
ベニヤとランバーコア3

ラワンベニヤ

ラワンベニヤ 2mm

ラワンベニヤ 2mm

 

・ コンパネ

ついでに調べました。
安くて頑丈なので、僕がよく使っている材料です。
でも、何でコンパネって言うのか知りませんでした。
コンクリートの型に使うからなんですね、コンパネのコンはコンクリート。
湿度に強い接着剤を使ってあるようです。
ラワンの兄弟くらいに思ってました。
丈夫なんで作業台を作ったり、丸ノコ定規みたいな治具を作るのにオススメです。
僕はこれで作業台を作ったり、ベッドを作った事があります。
 
コンパネ 12mm

コンパネ 12mm

 

○ ランバーコア

中の芯材の事です。
合板の厚みを稼ぐために、芯材に木片を使っているモノ。
表面がシナならシナランバー、ラワンならラワンランバー。
 
シナランバー 21mm

シナランバー 21mm

 

・ シナベニヤとシナランバーの比較

同じ厚みのシナベニヤとシナランバーを比較してみました。

・ 価格

同じ厚みの場合、シナランバーの方が安いです。
もっと早く知っておけば良かった、、、

・ 重さ

同じ厚みの場合、シナランバーの方が軽いです。
今回作るのはTVボードなんで関係ないかな。

・ 強度

これはどうなんでしょう?
イメージでは層ごとに木目の方向を変えて貼り合わせてあるシナベニヤの方が、反りにくく丈夫だと思うんですが?
ランバーコアはどうなんでしょう?
ランバーコア=分厚いので、構造次第だけど容易に反ることは無いような気がします。
※ この項目は分かり次第追記します。

○ まとめ

実感がないので強度については良く分からないんですが、
分厚いのに安いというのは大きなポイントです。
シナベニヤって結構高いので、あまり手を出さなかった材料なんですが、これからはランバーコア材を使います。
スポンサーリンク