秋の大磯を散策してきました|大磯海水浴場〜湘南平

ツマと二人で大磯(おおいそ)に行ってきました。
予備知識無しで、、、下調べもほとんどせずに行ってきました。
スポンサーリンク

○ 日本最初の海水浴場へ|大磯海水浴場

大磯を散策
JR大磯駅を降りてすぐに海水浴場の門がありました。
とりあえず海に行ってみる事にしました。
海までの道のりはやや急な坂道を下っていきます。
茅ヶ崎もそうなんですが、海までの道のりはお洒落な店がたまーにありました。
 
大磯を散策
海水浴場の入り口にきました。

「ん?日本の最初の、、、?」

大磯海水浴場は明治18年(1885年)に元陸軍軍医総監であった松本順氏によって開設された日本最初の海水浴場のようです。
もちろん、ここに来た時点ではそんなの知らないんですけど。
 
大磯を散策
この日の相模湾の海はけっこう高めでした。
シーズンオフ中なんで当たり前ですが、人はまばらです。
それでも、ボード片手にサーフィンに興じている人や海に入って遊んでいる人がいました。
さすが湘南ということでしょうか?
 
大磯を散策

かぶと岩

ズームで撮れば良かった、、、
写真の真ん中に写る黒い岩がこの海水浴場のシンボルだそうです。
この付近でシュノーケルに興じてると見られる人がいました。
シュノーケルやってみたいな。
 
大磯のデザイン灯台

大磯のデザイン灯台

大磯港にきました。
灯台があったので行ってみました。
 
大磯を散策
防波堤沿いに埋め尽くされたテトラポッドとテトラポッドのすき間に人を垂らし、釣りをしているおじさん達がたくさんいました。
僕は釣りもやった事ないんです、やってみたら楽しいかな?

○ 大磯は政財界要人の別荘地だった

  • 明治中期から昭和初期にかけて、要人の避暑・避寒地として知られており、特に伊藤博文吉田茂のそれは特に有名である。

山縣有朋西園寺公望大隈重信陸奥宗光岩崎弥之助安田善次郎といった政財界要人の別荘が多く建てられた。1907年(明治40年)頃の大磯には150戸以上の別荘があったといわれる。
また、吉田茂の場合は首相退陣後は大磯にて隠棲生活を送ったが、晩年も政界への影響力を保持していた為、「大磯」は吉田茂を示す別称(政界用語)でもあった。

引用元|Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%A3%AF%E7%94%BA

大磯はかつては政財界要人の別荘地だったということです。
知らずに来てしまいました。
何人かの別荘地跡を巡ってみましたが、、、
行ったところが悪かったかな?今回は写真も撮ってません。
今度は下調べしてからくる事にします。

○ 湘南平|高麗山公園でハイキングする

JR大磯駅→大磯海水浴場→大磯港→色々な別荘跡地
色々歩き回っていたら湘南平に近づいてる事が分かりました。
実はほとんど下調べしていなかった中で湘南平には行ってみようかと考えていたんです。
ところが、大磯についた時にわかったんですが、湘南平へのバスはJR大磯駅からではなく、JR平塚駅から出てる事が分かりました。
「がーん、、、しょうがないから海にでも行くか」とあきらめていたんですが、まさか最初の目的地に近ずいているとは思いませんでした。
 
湘南平(しょうなんだいら)は、神奈川県平塚市大磯町の境にある標高181mの丘陵で、高麗山(こまやま)と泡垂山(あわたらやま)の山頂一帯を指す。都市計画公園としての名称は、高麗山公園。地元ではかつて千畳敷と呼ばれていたが、公園として整備するにあたり湘南平と呼ばれるようになった。かながわの公園50選に選ばれている。
引用元|Wikipedia
という事なんで、標高も低いですしハイキング的なヤツを想像していました。
 
大磯を散策
坂道ばかりの住宅地をずんずん進んで行くと湘南平の入り口がありました。
 
大磯を散策
楽勝かと思ったんですが、そこそこシンドイコースだった気がします。
その証拠にツマは普段は口数が少なくておとなしい女性なんですが、疲れてくると饒舌になるのです。
「疲れた」
「ずっと同じ景色だ」
「あつい」
「もうやだ」
「人いないんじゃん」
「ここ歩いていいの?」
 
大磯を散策

湘南平のレストハウス(展望台)

というわけで、来ました。
湘南平です。
 
大磯を散策

湘南平のテレビ塔(平塚テレビ中継局)

大磯を散策
レストハウスの展望台から見える夜景がキレイらしいんですが、昼間の景色もなかなか絶景でした。
 
大磯を散策
写真に見えている海からここまで歩いて来たので、、、今日はけっこう歩いた事になります。二人ともクタクタだったので帰りはバスを使う事にしました。
 
大磯を散策

神奈川中央交通[平35]湘南平の時刻表

時刻表を見てビビりました。
なんと平塚と湘南平の間は1日4本しかバスが走っていません。

○ まとめ

最後のバスには余裕で間に合い帰宅しました。
今思えば結構やばかったかもしれません、バスに間に合わなかったと思うとゾッとします。
大磯は見所がたくさんありそうなので今度は下調べしてから行くことにします。
 
スポンサーリンク