色んな水筒を比較してみました|それぞれの特徴を解説

最近、水筒を新しく買い足しました。
水筒って意外と種類があって、探してみると中々ピンと来るのが見つからないんですよ。
スポンサーリンク

○ イオンで買った水筒

色んな水筒を比較してみました|それぞれの特徴を解説
これは、僕が初めて自分で買った水筒です。
僕は大水飲みで夏だと1日に1.5リットルくらいは平気で飲んでしまいます。
 
なので、当時勤めていた会社に2リットルのペットボトルを持って通ってました。
ところが、冬はいいのですが夏場はすぐぬるくなっちゃうわけです。
そこでペットボトルを凍らせて持って行ってみましたが、結露して水浸しになってしまうわけです。
これはいかんなと、買ったのがこれです。
まず、大容量です。
1.5リットル入ります。
デザインもシンプルで悪くないかな。
 
色んな水筒を比較してみました|それぞれの特徴を解説
フタも片手であけて、片手で飲めます。
唯一の欠点は、、、欠点というか当時は気にしてなかったのですが、保冷のみの対応です。
熱いお茶を入れられません。

○ フタ付きマグカップ

色んな水筒を比較してみました|それぞれの特徴を解説
冬になると温かいものも飲みたくなるわけですね。
そこで、次に買ったのがこれです。
会社に湯沸かしポットがあったので、マグカップを買ってティーパックやインスタントコーヒーを入れる事を思いつきました。
ところが、僕が働いていた会社は家具の修理をやっていてホコリや粉じんがすごい場所でした。
なので、フタは必須だと考えました。
 
色んな水筒を比較してみました|それぞれの特徴を解説
このマグカップを使って現場でコーヒーをすすってました。
これの欠点はあえて言うと、水筒のように飲み物を入れてカバンに入れらない所です。
それはそうです、フタがついてるとはいえマグカップですから。
しかし、人間とは不思議なもので今度は温かいお茶を持ち歩きたいと考えるようになりました。

○ 保冷保温対応の水筒

そこで、今度は保冷保温対応の水筒を探しました。
希望の容量は750mlです。
1リットルを持ち歩くのは重いし、500mlでは少なすぎると考えました。
 
色んな水筒を比較してみました|それぞれの特徴を解説
これは、妻が使っている水筒です。
保冷保温対応ですが、容量は500mlです。
これの750mlを探せばいいかな?と思ったらあれ?
 
2017-02-12 13.41.51
これは水筒で飲み物を飲む時にフタが水筒と別れて外れるタイプでした。
僕が探している水筒はフタを開閉する時に別々にならない製品(ワンタッチオープン)ばかりを探していました。
ワンタッチオープンは片手でフタのロックの開閉ができるので、機能的だと思っていたからです。
 
これの利点は何か?ツマに尋ねた所、返ってきた答えは。
洗いやすい
と明解な答えが返ってきました。
なるほど。そうか。そういう点にこだわる人もいるのですね。

○ まとめ

色んな水筒を比較してみました|それぞれの特徴を解説
今我が家にある水筒を比較し僕が欲しい水筒は何だろう?
というわけで、これを買いました。
本当につい最近買ったものです。
 
色んな水筒を比較してみました|それぞれの特徴を解説
フタは片手であけて、片手で飲めるタイプ。
容量は750mlです。
750mlは僕にとっては夏場に使うには容量不足ですが、「冬季専用の水筒と割り切ればいいかな?」と考えました。
 
すっきりとしたデザインも悪くないと思います。
やや可愛い感じのブルーですが、好みです。
スポンサーリンク