洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法

我が家にダニがいるのではないかという疑いがあり、家中の怪しい所を徹底的に防虫殺虫する事になりました。
一番怪しいのは寝室の畳ですが、これはアースのダニアースで直接畳の中にスプレーし、布団は丁寧に表裏とも陽にさらして掃除機をかけました。
実際に試してみて効果があったダニの駆除方法
どうやら我が家のどこかにダニがいるようです。体に蚊に刺されたような跡があり、寝ている間に蚊が刺しているのだと思っていましたが、ネットで検索し...
次に怪しいのはリビングのラグです、パイル地のクッション性の良いやや毛足の長めのラグです。
このラグは僕がやる気がなくなって寝っころがるし、ツマも眠くなったらリビングで寝っころがるので夏でも敷きっぱなしでした。
このラグを購入する決め手の一つは「洗える」ことでした。
引っ越し直後にamazonで購入しました、商品説明の欄にも「ウォッシャブルなので洗濯機で洗えます。」と書いてありました。
、、、多分洗えるんでしょう、大きい洗濯機ならね。
スポンサーリンク

○ 洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法

洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法
リビングのために買ったラグのサイズは190 x 240 cmです、我が家の洗濯機の容量は6.0kgです。
折りたためば入るかもしれませんが、ラグのコシが強く小さくたたんで洗うのも無理でした。
クリーニングに出すという方法もありますが結構高い、、、コインランドリーに行けば一番安く済むような気がしますがコインランドリーは我が家から少し離れた所にあります。
なので、「この件はしばらく先送りでいいだろう!」となっていたわけです。
ずっと懸念はしてましたが、ついにラグを洗う時がきました。

・ ラグやカーペットを丸洗い|お風呂で足踏み洗いをする

洗濯機に入らない大きなモノを洗うという事で、真っ先に挙がった候補はお風呂に湯をはり洗剤を入れて、足踏み洗いをするという方法が考えられました。

・すすぎ洗いが大変|脱水ができない

冷静になってツマと二人議論しましたが、お風呂で洗う案は脚下となりました。
理由は、、、
  • すすぎが大変そう
  • 脱水ってどうやるの?
すすぎは時間がかかるかもしれませんが、できるような気がします。
お風呂の水を何回変え足踏みしていれば、できるでしょう。
問題は脱水です。洗濯機が使えないので、洗濯機のような脱水はできないと想像できます。
やや水が滴る状態で物干し竿のある庭まで運ばないといけません。
はたして、、、完全に脱水できてないラグは1日干して乾くんでしょうか?

◯ 重曹水とは

大きいラグは洗濯機に入らないし、お風呂で洗うのはとても大変そうです。
そこで、重曹水を使う事にしました。
キッチンによくある重曹が優れたお掃除アイテムである事はよく知られています。
重曹水とは、重曹を水に溶かした水溶液です。

・重曹水の材料と作り方

材料の量や作り方は検索すると色々でてきますが、、、以下のように作りました。
  1. 水200ml
  2. 重曹小さじ一杯
重曹はお湯で溶かすとよく溶けますが、65℃のお湯で作ってはいけないようです。
僕は手で触っても熱くないくらいのぬるま湯で作りました。
 
洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法

重曹水とボロ布

重曹水です。
少しだけ黄色いような気がします。
大きめのボウルいっぱいに作りました、手で触れるとヌルヌルしてプールの水みたいな匂いがします。

◯ 重曹水を使ったラグのお掃除

洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法
重曹水でダニは死なないと考えられるので、お掃除を始める前にアースのダニアースをラグの表裏にスプレーし掃除機をかけます。
 
洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法
重曹水をボロ布につけ、柔らくしぼりラグを拭いていきます。
おそらく肌が弱い人は手袋がいると思いますが、僕は平気でした。
ラグの表面がしっとりする程度にしました。
 
洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法
その後は、乾いたボロ布で拭いていきます。
 
洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法
最後は干して終わりです。
ビシャビシャではありませんが、水を吸ったラグはズシッと重くなりました。

○ まとめ

ラグの大きさは190 x 240 cmです。
ツマと二人で30分くらいの作業でした。
汚いので写真には撮りませんでしたが、汚れもちゃんと取れていました。
洗剤で洗うのとは違い洗剤が残ってしまう心配がないのが良い点だと思います。
 
洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法
乾燥後はラグの毛足も立っていい感じです。
洗剤で洗うよりはかなり楽な方法だと思います。
 
 
スポンサーリンク