Simple 301 Redirectsの使い方と注意|やらかした時の復旧方法

ブログのドメインをロリポップのドメインから独自ドメインに変更しました。
何もかも初めての事なので、苦労しました。
覚え書きとして書いておきます。
 
Simple 301 Redirectsプラグインとは旧URLから新URLへ変更になった場合に301リダイレクトを設定することができるプラグインです。
 
例えば、このブログを例にあげますと、、、
元々はロリポップのドメインを使って更新していました。
freelabo.moo.jp
その後、サーバーはロリポップのままで独自ドメインを取得し変更する事にしました。
slowhome-diy.com
 
Simple 301 Redirectsプラグインを使うとmoo.jp(旧URL)にアクセスした人をslowhome-diy.com(新URL)に送る(リダイレクト)ことができます。

moo.jp(旧URL)→ (301リダイレクト) → slowhome-diy.com(新URL)

301リダイレクトの必要性については詳しく書かれたサイトが他に沢山ありますので、ここでは割愛します。
スポンサーリンク

○ .htaccessファイルの書き換えが必要ない

Simple 301 Redirectsの良い点は.htaccessファイルの書き換えが必要ない事です。

301リダイレクトをプラグイン無しで設定するにはFTPサーバーにアクセスし「.htaccessファイル」を書き換える事で設定することができるようです。
 
僕にはそういった難しい知識がないのですが、様々なサイト参考にさせて頂き何度かチャレンジしてみました。
僕のやり方が、どこかまずかっただけだと思いますが、、、
結局「.htaccessファイル」を書き換える事で301リダイレクトを設定する事ができませんでした。
 
そこで、プラグインを使う事にしました
この時点で、ブログ自体の移設だけでかなり悪戦苦闘していました。
もうへとへとで、、、プラグインの簡便性に惹かれSimple 301 Redirectsプラグインを使う事にしました。

○ Simple 301 Redirectsの使い方と注意

simple-301-redirects
名前の通り301リダイレクトのみができるプラグインで使い方もシンプルです。
まずはプラグインをダウンロードしインストールします。
 
wordpressのダッシュボードから、「設定」「301Redirects」へ進むと設定画面に入れます。
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-08-38-12
こんな画面です。
左のRequestの送り元のURLを書きます、今回の場合は旧URLです。
右のDestinationには送り先URLを書きます、今回の場合は新URLです。
 
送り元のURLはWordPressのルートからの相対パスを指定し、リダイレクト先のURLは絶対パスで指定します。
「なんのこっちゃ?」と思った方いますよね?実は僕もよく分かりません。
よく分かりませんが、以下のように書きます。

Reques(送り元)
/
Destination(送り先)
http://slowhome-diy.com/


このように記述すると旧URLの「http://free-labo.moo.jp/」にアクセスした人を、新URLである「http://slowhome-diy.com/」へ301リダイレクトさせる事ができます。
なーんだ簡単じゃん、これで終わり!、、、ではありません。
これだけですと、TOPページのみがリダイレクトされているだけですのでblogサイト全体を301リダイレクトしていません。
じゃあ、記事一つ一つを指定して書いていく?そうではありません。

・ *(ワイルドカード)を使ってディレクトリ以下のページも対象にする

そこで*(ワイルドカード)使用します、設定する時はUse Wildcards? にチェックします。
例えば以下のように記述します。

Reques(送り元)
/diy/*
Destination(送り先)
slowhome-diy.com/diy/*

 当ブログのパーマリンク設定は以下のように設定しています。
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-09-14-26
ドメイン/%category%/%postname%
例のように書くと/%category%/以下の記事を全て301リダイレクトする事ができます。
 

・ *(ワイルドカード)に注意

では、以下のように書くとどうなるでしょう?
僕は実際にこのように書いて地獄を見ました。
僕の場合はサーバーはそのまま使い、ドメインだけを変更するのが目的です。

Reques(送り元)
/*
Destination(送り先)
slowhome-diy.com/diy/*

http://free-labo.moo.jp/の全てをslowhome-diy.com/をリダイレクトできます。
一見良さそうですが、、、
結論から言うと、このように設定した所、wordpressのダッシュボードにアクセスできなくなりました。
些細なミスでワードプレスにログインできない話を良く聞きますが、今回はアクセスすらできせん。
301リダイレクトしてしまうので、、、

・ 回想|その時の状況

僕は最初「.htaccessファイル」を書き換える事で301リダイレクトを設定しようとしていて、どうしても上手くいかずプラグインを使う事にしたので、*(ワイルドカード)使ってブログ全体が301リダイレクトされるようなった時は感動しました。
「シャーーーーーーーーーーーー!!!」
リオオリンピックで活躍した卓球の水谷選手ばりに床に転げ回りガッツポーズです。
まずい事にこの時点でダッシュボードにアクセスできない事には気づいてません、ブログ自体にはちゃんとアクセスできているので、、、
Search Consoleとgoogleアナリティクスの設定移行を済ませてから気がつきました、、、
移行はスムーズに完了しました。
この早合点して移行手続きをしてしまった事が別の地獄を生む事になります。
アドレス変更|確認方法がまだ残っていることを確認するエラーを解決
ブログのドメインをロリポップのドメインから独自ドメインに変更しました。何もかも初めての事なので、ブログそのものを移行するのも、301リダイレ...

・ 301リダイレクトしてwordpressにアクセスできない時の復旧方法

前述した通り、原因はSimple 301 Redirectsの*(ワイルドカード)の設定です。
これがベストなのか分かりませんが、僕がやってみてうまくいった復旧方法を説明します。
ロリポップにアクセスします。
WEBツールからロリポップFTPへ進みます。
 
 
ロリポップFTP

ロリポップFTP

このような画面です。
wp-contentをクリックし、pluginsをクリックします。
すると、wordpressにインストールしているプラグインがズラッと出てきます。
この中からsimple-301-redirectsを探します。
これを削除します。
僕の場合はこれでダッシュボードにアクセスする事ができるようになりました。

○ まとめ

非常に便利なソフトなんですが、設定には注意が必要です。
普通にやると難しい事でもプラグインを使うとあっという間にできてしまうので、軽い気持ちで設定した事がまねいたミスだと思います。
注意しましょうね。
 
スポンサーリンク