テーブルの角を補修する方法|エポキシパテと補修ペン

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
我が家のキッチンには以前住んでいた夫婦が残していったテーブルがあります。
神奈川の田舎へ移住|僕らが空き家に住む事になったきっかけ
僕らは築60年の家に住んでいます。もともと空き家だった古家で妻と二人で住んでいます。僕も妻もそれまで働いていた会社を辞めて、ここに2人で引っ越してきました。今は何とか地域に根ざした生活と仕事がしたいので、それを模索しながら活動しています。こ...
テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」
全体的には綺麗なので、懇意で残してくれたものなんですが、部分的には痛みがあります。
例えばこのように、角がかけてしまっています。
というわけで、この角の傷を直すことにしました。

スポンサーリンク

○ 家具の補修に最適|パテとは?

パテとは塗装前に施す塗装面のかけた部分とか、細かい傷を直すDIYツールです。
ホームセンターでフツーに買えます。
木工用や金属用などの種類があるんですが、今回使うのは木工用です。

・ 木工パテとエポキシパテの違い

テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」

木工パテとエポキシパテ

木工用は上の木工パテと下のエポキシパテの二種類があります。
 
扱いやすいのは前者の木工パテです。
僕がパテを初めて使った時は木工パテを使いました。
乾燥が遅くて柔らかい、乾燥すると盛った分より減る(痩せる)ので木工パテは大きい傷を直すのに向いていません。
 
後者のエポキシパテは乾燥がとても早くコシがあって硬く、乾燥しても盛った分より減らない(痩せない)のでエポキシパテは大きい傷を直すのに向いています。
というわけで、今回はエポキシパテを使います。

・ エポキシパテの使い方

テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」
木工パテしか知らなかった頃、びっくりした特徴があってエポキシパテは2液タイプになっています。外見のベージュ部分と中身の白い部分を混ぜると固まり始めます。
 
テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」
なんでもいいと思うんですが、僕はいらなくなったプラスチックのポイントカードを短冊状に切ったモノで使う分のパテを切り取り使っています。
 
テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」
盛る。
盛る前にエポキシパテを指でもんでよく混ぜておきます。(横着してあまり混ぜないで盛ったら…、固まらなかった事があります)
 
テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」
こんな感じになります。
盛りすぎたら紙やすりで削れるのでOK。
うまく盛れないなら、多めに盛ってヤスリで削るのも手かもしれません。
 
テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」
着色します。
 
テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」
これを使ってます。
補修マーカー。
ホームセンターに行くと色々売っています。
 
テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」
僕の経験上では、パテが完全に固まると色が入りにくい事が多いので、エポキシパテを盛って表面が触れるくらいになったら少しづつ色を入れていきます。
完全に固まってないので、盛ったパテを傷つけないように…
 
テーブルの角を補修する方法「エポキシパテと補修ペン」
パッと見には分からなくなったかな、、、
70点くらいでしょう。

○ まとめ

今回の作業をまとめてみます。
  • パテは木工パテとエポキシパテの2種類があるが、大きい傷にはエポキシパテを使う。
  • エポキシパテは2液タイプなので使う時は指でもんで、よく混ぜる。
  • エポキシパテは乾くと色が入りにくいので、乾く前に少しづつ色を入れる。

・ 今回の作業に使用した道具

今回の作業に使用した道具を紹介します。
以下はパテについての補足です。
木工に使うパテって何?|木工パテとエポキシパテの特徴を比較
今回は木工に使うパテを紹介します。 木工用や金属用などのパテもありますが、今回見ていくのは木工に使うパテです。 パテとは塗装前に塗装面の傷などを直すことに使う物です。 パテは珍しいモノではなくホームセンターでフツーに買えます。 ○ ...
以下の記事もおすすめです。
「床の傷を直そう!」簡単なフローリングの補修方法
フローリングに傷が入ってしまいました。 我が家は賃貸ではないので(借りてはいるけど)気楽だが、もし、賃貸でこれをやらかしてたら結構焦るかもしれません。 それに我が家は築60年の古家なので、細かい傷は無数にあります。 だがこれは...
家の修理
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FOLLOW
スポンサーリンク
スローホーム
タイトルとURLをコピーしました