手作り感の無いDIY必須テクニック|木ネジの頭の隠し方

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

DIYでは材料同士の接合は木ネジを使うのがポピュラーです。

慣れてきて色々な物を作るようになると気になってくるのが、ネジの頭だと思います。

ネジの頭が見えないと手作り感がなくなるので、仕上がりのレベルがグッと上がります。

というわけで、今日はそのネジの頭を隠す小技・アイデアをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

パテで埋める

ネジの頭を隠す方法|エポキシパテで埋める

ネジの頭を隠す方法|エポキシパテで埋める

難易度としては最も簡単な方法がエポキシパテで埋める方法です。

  • 電動ドライバーのトルクを強めにして材料に深く打ち込み(1)
  • パテを盛り(2)
  • 余分なパテを240番位のサンドペーパーで削る(3)

この方法の欠点は、ペンキアクリルラッカーのように材料の素地や木目を覆い隠す塗料であれば全く問題ありませんが、ワトコオイルブライワックス等の木材に染み込んでいくオイル塗料やワックスはパテ部分だけ色がうまく乗らない事があります。

難易度としては低めですが、応用が利かない方法かもしれません。

詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

木工に使うパテって何?|木工パテとエポキシパテの特徴を比較
今回は木工に使うパテを紹介します。 木工用や金属用などのパテもありますが、今回見ていくのは木工に使うパテです。 パテとは塗装前に塗装面の傷などを直すことに使う物です。 パテは珍しいモノではなくホームセンターでフツーに買えます。 パテ...

埋め木(木ダボ)で隠す

丸い棒でネジ穴を隠す方法

丸い棒(ダボ)でネジ穴を隠す方法

  • この方法は板にドリルで穴を彫り(1)
  • ネジを打ち(2)
  • ドリルの径と同じ太さの丸材(ダボ)を打ち込み(3)
  • 打ち込んだ丸材(ダボ)をカット(4)

以上の行程で仕上げる方法です。

丸い棒(ダボ)でネジ穴を隠す方法

少し手間がかかる方法かもしれません。

ネジが隠れるように板に浅めにドリルで穴をあけておきます。

貫通させると意味がないので注意が必要です。

丸い棒(ダボ)でネジ穴を隠す方法

ネジを打ち込んだあと、ダボを突っ込み、ダボ切りノコで切り落とします。

 

丸い棒(ダボ)でネジ穴を隠す方法

紙ヤスリで削ってならしたら完了です。

打ち込んだ丸い棒(ダボ)は見えてしまいますが、ネジを打った跡が見えませんし、塗装を選ばない方法です。

SK11 替刃式折込鋸 刃渡り 120mm ダボ切 細工用 S120-DB

ダボ切 細工用

丸い棒(ダボ)を切る時はノコギリの刃の左右にあるジャギジャギ(アサリ)が無いのこぎりダボ切りノコを使うのがベターですが、僕は普通ののこぎりの刃の片面だけ120番のサンドペーパーでアサリを削り落とした物をダボ切り用として使ってます。

以下の記事はこの方法を採用して作った時モノです、良かったら参考にして下さい。

【テレビ台をDIYで自作】材料代・苦労したポイント・設計図などを紹介
テレビ台をDIYで自作しました。 今まで使っていたTV台が残念ながらTVとテレビ台との大きさが全然あっていません というわけで、テレビ台を作ろうと思い立ち、やっと制作にかかったわけです。 前回はこれの脚部を作りました。 ...

ドリルで穴を彫り裏からネジを打ち込む

材料にドリルで穴を彫り裏からネジを打ち込む

材料にドリルで穴を彫り裏からネジを打ち込む

この方法は材料の裏にドリルで穴をあけて、裏からネジを打ち込む方法です。

  • ドリルで穴をあけて(1)
  • 裏からネジを打ち込む(2)

手間もかかり、難易度も高い方法ですが、この方法が最もネジ頭が見えない方法です。

ドリルにマスキングテープを巻きつけて当たりをつける

ドリルにマスキングテープを巻きつけて当たりをつける

穴の深さが重要なので、ドリルにマスキングテープを巻きつけて当たりをつけると作業がしやすいです。

以下の記事はこの方法を採用して作った時モノです、良かったら参考にして見て下さい。

PCデスクをDIY|ネットで買った曲げ木脚の取付と木口テープに初挑戦
最近、パソコンデスクを作りました。苦労した点とか解決策などを紹介します。 これが、今まで使っていたパソコンデスクです。PCはmacminiを使っていて、BENQの同じモニターを2枚使っています。 このデスクはこのブログを始める前に作った物で...

ネジを斜めに打ち込む

ネジを斜めに打ち込む

ネジを斜めに打ち込む

ケースによってはネジを斜めに打ってネジ頭を隠す方法もあります。

ネジを斜めに打つ場合は下穴あけてから打ち込みましょう。

斜めに穴を彫るには?

斜めに穴を彫る手順

僕も最近分かったコツですが、斜めに穴を彫るには、最初に1mm位垂直に穴を彫り(1)ドリルを回転させながら角度を決め(2)当たりをつけたら穴を彫る(3)と上手くいきます。

  • 最初に1mm位垂直に穴を彫り(1)
  • ドリルを回転させながら角度を決め(2)
  • 当たりをつけたら穴を彫る(3)

下穴があいていれば、ネジを打ち込む事は簡単なのであとは接合する材料同士の固定が上手くいっていれば失敗しないでしょう。

以下の記事にネジを斜め打ちした時の事を紹介してますので、参考にして見て下さい。

フラッシュパネルの作り方|DIYで頑丈な軽い板を作る方法
フラッシュパネルとはフラッシュ構造と呼ばれ、角材で枠を組み芯材にして、表裏にベニヤを貼り付けた構造の板です。 図にするとこんなイメージですね。 現在、大量生産されている家具のほとんどが「フラッシュ構造」でできています...
ちょっとした物の移動に便利|木製平台車の作り方
最近、寒くなってきたのでストーブを出しました。 これは、僕が独身時代の時から使っている石油ストーブです。火力は石油ファンヒーターに劣りますが、コイツの良いところは使う時に電気を使わなくてもいい所だと思います。電気コードが無いので、好きな所で...

まとめ

というわけで、ネジの頭の隠し方を何点か紹介しました。

僕が最近やる方法は「埋め木で隠す」「ドリルで穴を彫り裏からネジを打ち込む 」方法です。

まあ、本来であればネジを使わない接合方法をマスターするのが、木工の技術も向上するし一番なんでしょうが、DIYレベルの木工であれば木ネジを使った接合の方が簡単ですし、確実だと思います。

ぜひ、挑戦してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました