持ち手がついたハンディタイプ丸のこガイドの作り方

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

最近、電動丸のこを新しく買い換えたので、新しい丸のこに合わせたジグを制作中です。

今回作ってみたのは、持ち手がついたハンディタイプの丸のこ定規です。

 

500mmの板、ツーバイ材などの角材カットを想定しています。

使い勝手が良いモノが作れたので、作り方を紹介します。

 

この記事の動画版です、この記事と一緒に見てもらえれば。

スポンサーリンク

持ち手がついた丸のこガイドの作り方

丸ノコガイドの材料

材料は4mmのシナベニアを使いました。

すべすべした材質なので、丸のこのベースを滑らせるのにスムーズで良いと思いました。

板厚はやや薄いですが全長600mmなら十分だと思います。

920x450mmから材料を取りました。

持ち手になる部分は赤松の30x40mmを使いました、この素材は何でもいいと思います。

材料を切る

丸ノコ定規が無いと材料カットができないので、無い人は以前書いた丸ノコ定規の作り方を参考にするか、ホームセンターでカットしてもらって下さい。

【丸ノコ定規の作り方】丸ノコでまっすぐ切るために絶対必須
丸ノコは2×4や大きくて分厚い板材もあっという間にカットできます。 DIYで本格的な木工をするなら丸ノコは絶対に必須の工具です。 ところが、使ってみると分かると思うんですが、切り口がガタガタになってしまったりして意外とまっすぐに切れない...

920x450mmから650mmにカット。

650mmから600mmにカット。

短手の454mmから400mmにカットします。

丸ノコのベースと当たるスライド部分になるので、正確にまっすぐに。

 

図のように材料が揃います。

正確には、のこ刄分の誤差があるので600×50と454×50にはなりませんが、気にしなくて良いです。

丸ノコ定規を組み立てる

材料の接着は両面テープで仮固定して、ネジで固定することにしました。

両面テープはこれを使ってます、けっこう強力で良い感じです。

 

のこ刃とベースの距離を測ります。

のこ刃とベースの距離は丸ノコによって違います、僕の丸ノコは90mmでした。

 

端から100mmの位置で両面テープとタッピングネジで固定します。

 

短いタッピングネジがあれば良かったんですが、10mmしか無かったのでワッシャーを挟みました。

 

ちなみに、動画版では全カットしたんですが。(伝わらないと思ったので)

4mm、両面テープ0.5mm、4mmでワッシャーを2枚(1.6mm)挟んだんですが、タッピングネジがちょっとだけ貫通してしまったので、紙やすりで削りとりました。

 

貼り付けた板と丸ノコのベースを当てがいながらカットします、カット後に測ってみたら、のこ刄分減って88mmになりました。

これで、丸ノコ定規としては完成です。

 

この工程は重要なので動画をご覧ください。

あと、文章で説明しづらい。

のぞき穴をあける

材料と直角ガイドが当たっているか、確認する為の、のぞき穴をドリルであけます。

 

穴は大きい方が見やすいと思うので、大きさはお好みで。

直角ガイドをとりつける

丸ノコ定規を裏返して、直角ガイドを取り付けます。

 

両面テープはのぞき穴と交差する部分はカッターで切り取ります。

※ 写真右下の穴はのぞき穴の位置に迷って、間違ってあけてしまった穴なので気にしないでください。

 

丸ノコで切り落とした辺に対して直角し、両面テープとタッピングネジで固定します。

持ち手を取り付ける

持ち手を取り付けます。

両面テープで仮固定し木ねじで固定しました。

 

僕は材料に赤松の30x40mmを使いましたが、材料はなんでも良いと思います。

角を切り落とす

持ち手に対して平行に斜めにカットします。機能状はカットしなくても完成ですが、見た目のためです。

 

板厚が4mmと薄いのでカッターで切りました。

まとめ

というわけで、持ち手がついたハンディタイプの丸のこガイドの完成です。

使うときは直角ガイドに材料を当てがって使います。

ぜひ作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました