【ダニ対策】実際に試してみて効果があったダニの駆除方法

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

どうやら我が家のどこかにダニがいるようです。

身体に蚊に刺されたような跡があり、寝ている間に蚊が刺しているのだと思っていましたが、ネットで検索した所、ダニではないか?という結論になり、家中のダニを退治する事になりました。

実際に試したことと、その結果を紹介します。

スポンサーリンク

ダニが繁殖しやすい季節・環境とは

ダニが最も繁殖しやすい気温・湿度は、、、

  • 気温 20℃〜30℃
  • 湿度 60%〜80%

ダニは梅雨明けから夏にかけて増えるようです。

ちょうど6月〜9月くらいですね。

ダニは一年中いる

つまり、気温が低くなり湿度も低くなる12月〜3月あたりにダニはいない事になりそうですが、、、

冬でも暖房で部屋を暖かくしていれば室温は20℃〜25℃くらいにはなるし、風邪の予防や暖房効率を上げるために加湿器などで湿度を60%以上に保つ事は普通にやりますよね?

つまり最盛期の6月〜9月くらいとはいかないにしても、ダニは一年中いる事になります。

ダニが好む環境とは?

ダニは畳やじゅうたんや布団、布製のソファなどに隠れているようです。

またダニは食べ物のカス、髪の毛のフケ、カビなどをエサにするようです。

つまり、こまめな掃除をすることで予防できると言えそうです。

ダニがいる場所は?

ダニは目に見えませんが、以上の特徴を考えるとダニがいる場所は、、、

  • 布団
  • 寝室の畳
  • リビングのラグ(カーペット)

ですね。

まず、疑わしいのが布団です。

我が家の場合、もっともダニがいそうな場所は、畳の部屋の寝室とラグを敷いているリビングという事になります。

【ダニ対策】布団の場合|干して掃除機で吸う

布団は太陽にさらしてたたき、掃除機で徹底的に吸いました。

夏場の布団は汗で湿気りがちなので、ダニが好む環境だと想像できます。

布団の手入れ方法は最近ではふとんを叩くことは繊維を傷め、ダニを殺す成果もない(反対側に逃げる)ことから、専門家はふとんを叩くことを薦めない。手でやわらかく埃をはたき、布団の上から直接掃除機をかけることが、埃やダニを吸うには効果的であること、もめん綿とポリエステル綿が掃除機をかけて埃とダニの量が1番減ることがNHKの番組で紹介され話題になった[1]

引用元|Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/布団#.E6.89.8B.E5.85.A5.E3.82.8C.E3.81.A8.E4.BF.9D.E7.AE.A1

布団を干す

布団を干す事は昔から行われてきた基本のお手入れ方法だと思います。

干した布団の上から掃除機をかけるとダニ対策に効果的なようです。

太陽にさらす事でダニは死滅はしない(けれども)

太陽光(紫外線)にさらす事でダニは死滅はしないようですが、ダニのエサであるカビの発生を防止できると考えられます。

また、太陽にさらす事で湿気っていた布団が乾燥し、ダニが好まない環境にできると想像できます。

畳|アース ダニアース

布団がダニにとって理想的な環境だと考えられるので、寝室の畳もかなり疑わしいと想像できます。

この家に引っ越す前にバルサンを家中に焚きました。

バルサンは煙に含まれた薬剤が部屋中に飛び散るので、焚く時は家電や家具などをビニールで養生(ようじょう)しないといけません。

引っ越す前は家電も家具も無い状態だったので、養生するものも少なくて楽でしたが、、、

今回は養生するものも多く手間がかかります。

ダニアース|畳の中に直接噴射できる

そこで、ツマが効きそうなスプレーを買ってきました。

実際に試してみて効果があったダニの駆除方法

ダニアースM2

このスプレーは2種類の噴射方法があります。

  1.  普通にスプレーのように噴射してカーペットなどの表面のダニを退治
  2.  先端が針のようなノズルになっていて、針ノズルを畳に直接刺し畳の中のダニを退治

実際に試してみて効果があったダニの駆除方法

針のようなノズルを畳に直接刺し3秒間スプレーします。

畳にスプレーする様子

たたみ一畳に対して6カ所スプレーします。

針を刺す位置はテキトーに大体6カ所、、、

どのようにスプレーした薬剤が畳内に広がるのでしょう?本当に効くのかな、、、?

リビングのラグもダニにとって理想的な環境では?

リビングのラグもダニにとって理想的な環境ではないでしょうか?

潜り込んで隠れる事ができる空間もあり、何よりリビングは生活する中でもっとも時間を長く過ごす場所なので、食べ物のカスや髪のフケ等のダニのエサが沢山あると想像できます。

ラグは洗えるなら丸洗いする

最近売られているラグやカーペットは洗濯できる物がよく売られているので、洗えるなら洗ってしまった方がダニ対策としては良いと思います。

洗えるならね、、、

amazonで購入した、我が家のラグは商品説明の欄にも「ウォッシャブルなので洗濯機で洗えます。」と書いてありましたが、大きすぎて洗濯に入りませんでした。

ラグの洗濯については以下の記事で紹介します。

洗濯機に入らないラグやカーペットの洗濯方法
我が家にダニがいるのではないかという疑いがあり、家中の怪しい所を徹底的に防虫殺虫する事になりました。一番怪しいのは寝室の畳ですが、これはアースのダニアースで直接畳の中にスプレーし、布団は丁寧に表裏とも陽にさらして掃除機をかけました。次に怪し...

まとめ

ダニは6月〜9月ころに増えます。

ダニのエサを増やさないように普段から小まめに掃除することも対策になるかも。

ダニが出たら、、、

  • 布団を干して掃除機で吸う
  • ダニアースで畳内部に直接スプレーする
  • ラグを洗う

以上を徹底的に行った所、ダニに刺される事がなくなりました。

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FOLLOW
スポンサーリンク
スローホーム
タイトルとURLをコピーしました