スローホームについて

kapi
kapi

スローホームにようこそ。

このブログの運営者のkapiです。

自己紹介をします。

ここでは、このブログ「スローホーム」と僕「kapi」について書きます。

DIYブログ「スローホーム」について

スローホームは2016年1月に開始しました。

slowとhomeをくっつけた造語です。

「slow life(スローライフ、のんびりとした生活)」のslow

 

「元空き家だった家に住んでいる」「家にいるのが好き」「ホームセンター」のhome

主に発信していること

スローホームはDIY関連の記事が主軸のブログです。

詳しくは後述しますが、モノづくりを教える仕事やモノを作る仕事に携わっていたので僕は人よりDIY全般が得意です。


我が家は僕と妻の2人暮らしで夫婦共働きです。

家事はほぼ半分に分担しているので、必然的に「生活」に関する記事もあり、料理は僕が担当なので「料理」に関する気付き(レシピでは無い)の記事、wordpressでブログを書いているので「PC・デジタル」関連の記事、「自分の考え」などを記事にしています。

いわゆる雑記ブログです。

  • DIY
  • 生活
  • 料理
  • 持論
  • PC・デジタル

お問い合わせ

お問い合わせについては下記の専用フォームからお送りください。

Twitter(@kapi_free)からメッセージを送って頂いても結構です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

kapiのプロフィール

スローホームを運営しているkapiの自己紹介をします。

僕の経歴

kapi ブロガー/グラフィックデザイナー/造形作家

1985年3月生まれ。岩手県出身。魚座のA型。

DIYや木工、日曜大工などをメインテーマにしたブログ「スローホーム」の筆者です 。


kapiはブロガーとしての名前で、以下は本名で活動しています。

フリーのグラフィックデザイナーをしています。

造形作家として活動していて、定期的に作品の発表をしています。

DIYとは?|僕はDIYが得意です

DIYとは本当に意味が広い言葉だと思います。

「日曜大工」の事を指す事もあると思いますし、自分で水まわり「修理」したり、自分で家を「リノベーション」する事も、全部DIYと言っていいでしょう。

僕はそれら全般が人より少しだけ得意です。

ブログを始めたきっかけと僕の経歴

僕がDIYやモノづくりが好き・得意になっていった理由、このブログを始めたきっかけ、僕の経歴を書いてみたいと思います。

浪人→美術予備校→美大受験失敗→美術専門学校へ

高校卒業後に故郷を離れて、宮城県仙台市で美大進学のために浪人→美術予備校に通いました。

結果、2年浪人しましたが、実技は合格レベルになったんですが、学科がダメすぎて美大受験を失敗します→ですが、3浪するくらいなら、上京して専門学校で美術を勉強しようと決意→東京の美術専門学校に進学しました。

美術専門学校では版画を専攻しました→アートの感覚と職人仕事の感覚が自分に合っていることに気付きます→塗料など素材を分析的に見てしまうのはこの時期のクセだと思います。

そして、僕は専門学校卒業後は働きながら造形作家として活動します→版画を主に定期的に作品の発表を始めます。


「版画?」という人がほとんどだと思うので、版画について説明します。

印刷技術を使ったアートを版画と呼びます。

「印刷技術?」という人もいると思うので、説明します。

普段、生活していて印刷のこと、印刷されたモノを意識している人はあまりいないと思うので、それがフツーです。

例えば、ハンコも印刷です。

版を介して何度も同じデザインが印刷できるからです。

Tシャツの絵柄のデザインも印刷されたモノです。

Tシャツのプリントは何度も同じデザインになるように穴(孔)からインクを落とし込む技術が使われています。

じつは、お札もかなり高度な印刷が使われています、お札をマジマジと見たことがある人はあまりいないと思うので、よーく見てみて下さい。

見るより触った方が分かるかな?

へん平なコンビニや家庭用のプリンターで印刷されたモノとは全然違いますよ。


で、僕が勉強していた、美術のジャンルは版画です。

版画の世界で活躍していた人をざっくり紹介します。

例えば、日本人で有名なのは棟方志功(むなかたしこう)ですね。

「わだばゴッホになる」の、あの人です。

あと、サブカル好きの人なら知ってるかもしれません、アンディ・ウォーホルやアルフォンス・ミュシャの絵の多くは版画の技術が使われています。

だまし絵で有名なエッシャーの絵も版画です。

おそらく、美術の教科書にも載ってる有名どころです。

ググれば「あぁ、あれねー」ってなると思います。

専門学校卒業後→都内の某私立中学校に就職

専門学校卒業後、都内の某私立中学校に就職(契約社員3年)します。

美術・技術科の授業のアシスタントを担当しました。

絵画・デザイン・木工・陶芸・金属加工など幅広い授業の裏方をしていました。

変わった学校だったので、技術科の先生とPCの自作をした事もあります。

この3年間の経験からDIYのスピリットに目覚めます。

 

実はこのブログで紹介している、のこぎりの使い方丸ノコの使い方などは、中学校職員時代に身につけた技術です。

契約満了のため中学校を退職することになりました→が、たまたま募集していた、母校の美術専門学校に就職することになりました(契約社員2年)→この職場で妻に出会い、のちに結婚しました。

2年で専門学校職員の契約満了→その後は印刷会社に正社員として就職しました。

東京→神奈川県の田舎へ→築60年の元空き家へ引っ越し

転機は2014年10月でした。

このブログが始まるきっかけの一つです。

神奈川県に住んでいる親戚から「空き家になっている家があるから良かったら住まないか?」という話をもらいました。

もともと空き家だった古家なんですが、妻と2人で暮らすことになりました。

場所は都心から電車で1時間半くらい離れた神奈川県の田舎です。

その時点では妻とはまだ籍を入れていませんでしたが、妻と同棲するきっかけになりました。

ちょうど、2人で「一緒に住みたいね」という話をよくしていたので「これはチャンスかも?」と思い、流れに乗っかった感じです。

少しへんぴな所ですが、家賃がかからないのは魅力的でした。

実際に下見に行った時、そこまでボロボロではないけど、築60年という事で、賃貸では考えられないような大小様々な痛みが無数にあるような状態でした。

ボロボロの古い家でしたが、僕には「面白そうな家」に見えました。

僕はDIYが得意です。

痛んでいる・壊れているなら直しながら住めばいい、と思いました。

賃貸アパート暮らしの時は遠慮しながら壁にネジを打ったりしていましたが、この家は穴を開けようが壁を塗ろうが自由にしていいんです。

妻も「掃除がしやすそうで良いんじゃない」と気に入ってくれました。

というわけで、僕と妻は神奈川の田舎にある築60年の元空き家に住むことになりました。

その後、妻とは同棲を始めて2ヶ月後に籍を入れました。

このスピーディーな展開は、親戚や家族からの後押しがあったからです。

働いていた印刷会社がブラック化→体調を崩す→辞める

幸せに暮らしていたんですが、それは長く続きませんでした。

この時期のことは、書きだすとあまりにも長くなります。

カンタンに言うと働いていた印刷会社がブラック化してしまい、心身ともに疲れ切ってしまい、体調を崩してしまいました。

正社員待遇だったんですが、辞めることしました。

妻と籍を入れて大体1ヶ月後のことです。


会社を退職して、3ヶ月間は何もせず家で療養していました。

というか、何もできませんでした。

妻も働いていた会社を辞めてこの家に引っ越してきたので、夫婦2人で無収入が3ヶ月間続きます。

当時のことを振り返ると「辛かった」としか言いようがありません。

辛かったのは僕だけでは無くて一緒にいてくれた妻も相当なダメージだったと思います。

実は当時のことをあまり思い出せません。

ただ、辛かったとしか。

無職→家具修理工房に就職

その後は派遣をしながら、新しい仕事を探していました。

今までの経験から僕ができることは製造業しかないと思っていました。

そして、見つけたのが古い家具の修理をしている会社をハロワで見つけました。

仕事の内容はアンティーク家具の修理です。

アンティーク風、アンティークっぽい、ではなくイギリスからボロボロの状態ですが、本物のアンティーク家具を輸入して家具を修理し、ネットショップで販売している会社でした。

ほとんどが19世紀後半〜20世紀初めに製造された家具でした、半年に1回くらいイギリスから海上コンテナいっぱいに、ぎゅうぎゅうにテーブルや椅子が詰め込まれて送られてくるんです。

ダイニングテーブルの天板をサンダーで削って、当時使われた塗装と同じやり方で塗装し直したり、脚の構造が緩んだ椅子を接着剤を入れて締めなおしたり、錆びて黒ずんだ真鍮製のパーツをピカピカになるまで磨いたりしていました。

当時は仕事なんで当たり前になってしまっていたんですが、あの時、触っていたモノが100年前に作られた物だったんだなぁ、と思うと不思議な感じがします。

ところが、会社としては限りなく黒に近いグレーな会社で、給与や待遇など条件は決して良くありませんでした。

家具修理工房で働きながらブログを書き始める

家具の修理は楽しいし、やりがいもある、一緒に働いている工房のメンバーも良い人ばかりでした。

以前働いていた、ブラック会社で傷ついた精神状態もこの時期にはすっかり良くなっていました。

「でも、この会社で働き続けることは絶対に無い」

これは面接して、採用が決まった時点でそう思っていました。

ここはきっかけであって、通過点。

「2年後、3年後に繋げないとダメだ」「ここで学んだことを生かして次に行くんだ」そう思いながら働いていました。

以前働いていた、ブラック会社での経験から「雇われない生き方しない限り、同じことを繰り返すだけ」そう思っていたからです。

2015年8月のことです。


そこで、始めたのがこのブログ「スローホーム」でした。

じつはブログ自体は以前から書いていて、2009年くらいからブログは書いていました。

このブログとは別のブログです。

造形作家としての活動報告や展覧会情報、コンクールの入賞・入選の報告などを書いてました、日記ですね。

なので、ブログでお金を稼いでいる「ブロガー」とか「アフィリエイター」と呼ばれる人達のこともずっと前から知っていました。

そういう人達、どうやってるんだろうなぁ?とずっと疑問でした。

というのも、当時書いていた僕のブログはほとんどアクセスがなかったからです、なのでブログでお金を稼ぐことは相当難しいことだろうと思っていました。

ところが、一冊の本に出会い、考えが変わります。

この本を読んで「ああ、だから自分のブログは読まれないんだ」という事が分かりました。

そして、こうも思うようになります「あれ?もしかしていけるんじゃないかな?」と思いました。

この本は「こうすればアクセスが伸びますよ」という内容の本ではありません。

でも、この本を読んで「あれ?これならできるぞ」と何となく思うようなりました。

「自分がいままで経験してきたことって多分フツーじゃない」「習得してきた技術・知識は誰かの役に立つこともあるかも」「そして今住んでいるこの家はネタになるよなぁ」と思ったからです。

その後、この本をベースに読まれるブログの書き方をネットで検索しまくり、勉強しました。

当時は通勤中はずっーとブログの勉強時間でした。

この本を買ったのが、2015/10/03のこと。

そして、2016年1月にスローホームを書き始めました。

ブログを書き始める→今

その後はブログは順調だったのか?というと、、、

  • 2016年 月5000pv
  • 2017年 月30000pv
  • 2018年 月50000pv
  • 2019年 月75000pv

成長としてはかなり遅い方だと思いますが、こうやって見るとちゃんと成長していますね。

コツコツ頑張っています。

初めて2年間はブログ収入は無収入でした。

アクセスは2020年1月に月10万pvを達成しました。

月10万pvはブログを始めた当初の目標だったので素直に嬉しいんですが、今の僕の目標はブログ飯を達成することなので、これに満足していられません。

根拠はないんですが、5年以内に達成できるような気がします。

家具工房で働きながらブログを書く→近所でバイトしながらブログを書く

3年間、家具修理工房で働きながらブログを書き続け、少しづつですが成果が出るようなりました。

ですが、もっとブログを書く時間が欲しいと思うようになり家具工房は退職し、今は近所の物流センターでアルバイトをしています。

肉体的にも精神的にもラクな仕事なんで、ブログを書きながら生活する環境としては最高です。

僕の正体を知らない人は僕をただのフリーターだと思っているでしょう(笑)

僕の家族

僕は妻と2人暮らしです。

子供はいませんし、作る予定もありません。

身体的な問題で作れないのではなくて、価値観の問題ですね。


僕の妻は画家です。

ライスワークでグラフィックデザイナーをしています。

最近、漫画を描き始めました。

カピバラとイルカの奇妙な生活
カミアンドの漫画『カピバラとイルカの奇妙な生活』の公開ページです。

住んでいる家

築60年で、空き家だった期間もある家です。

このブログを書こうと思ったきっかけの一つです。

神奈川の田舎へ移住|僕らが空き家に住む事になったきっかけ
僕らは築60年の家に住んでいます。 もともと空き家だった古家で妻と二人で住んでいます。 僕も妻もそれまで働いていた会社を辞めて、ここに2人で引っ越してきました。 今は何とか地域に根ざした生活と仕事がしたいので、それを模索しながら活動し...
東京から田舎に引越して良かった事|本当に必要な情報はなんだろう?
今回の記事を書くにあたって、僕は誰に向けて書いているのでしょう? 「僕はこの記事を誰に一番読んでほしいのだろう?」 それは、かつての自分であり、かつての自分のような人達だと思います。 今、悩んでいる方。 人は働くために生きているので...

著作権

著作権について
スローホームの著作権について スローホーム(以下当サイト)における、文章・オリジナル写真・オリジナル画像については、当サイトの運営者kapiが著作権を保有しています。 転載について 転載については、著作権を保有するkapiが特別に許可...

著作権についてはこちら。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
掲載されている広告について スローホーム(以下当サイト)では、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス・Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、データを収集するために、Cookieやウェブビーコ...

プライバシーポリシーについてはこちら。

タイトルとURLをコピーしました